工業団地
 
工業団地
  CEDZは、夫々の特色を活かして開発され、下記の四つの工業団地に分れている。
沿江工業区 計画面積は36平方キロ。
揚子江に臨み、常熟港を有し高速道路にアクセスしているため、水陸共に交通の便がいい。
区内には輸出加工区と保税物流園を有する。
鉄鋼、化工、自動車部品、新型建材、機械製造、食品などの製造業及び及運輸、倉庫、保税などの物流産業に適する。
国際化学工業園
(フッ素化学工業園)
計画面積は15平方キロ、一期は5平方キロの区域を開発した。
フッ素化学がメイン産業。
フッ素化工を主とするファインケミカル、機能高分子材料、生物化工と医薬化工などの産業に適する。
通港工業園 計画面積は8平方キロ、一期は5平方キロの区域を開発済。常熟港と市街中心地及び高速道路に近く、交通の利便性はメリット。 主に精密機械加工、電子、紡績、自動車部品などの中小型プロジェクトに適する。
ハイテク技術園 計画面積は12平方キロ、市街中心地に近い。 主に電子情報、精密機械加工などのハイテク産業に適する。