投資環境
気候 亜熱帯湿潤気候地区。
  年平均気温は17℃、年平均降水量は1248.4ミリ、年平均相対湿度は79%。
  東南風(夏)と西北風(冬)が多い。


環境
  蘇南地域で唯一の山、水、町並が一体となっている都市である。
  市街地区の緑化率は52%以上で、一人当たりの公共緑地は43.92㎡。


居住
  3星、4星レベルのホテルが多数あり、五つ星ホテル五軒。
  高級マンションや別荘などがある。
  沿江工業区と隣接した濱江ニューシテイは商業サービスセンター、ビジネスホテル、高級住宅区、海員クラブ病院及び公園緑地などが建設されている。


買物
  華地、華聯、第一百貨店など大型デパートがある。
  ウォルマート、オーシャン、大潤発、常客隆などのスーパーがある。
  「可的」などの24時間コンビニがある。


飲食
  日本料理店が数軒ある。
  大中型のレストランが数百軒ある。


医療
  市立総合病院が4ヶ所、専門病院などの病院が33ヶ所あり、ベッド数3,700床あり、医療スタッフが5000人余いる。
  「グリーンカード」制度により、外国人向けの特別看護病室が利用でき、外国系投資企業に対して「ワンステーションサービス」が提供できる。


教育
  大学1校、職業学校8校、高校、中学校、小学校合わせて147校。
  常熟市外国語学校等は外国人の子女が入学できるる。
  至便な交通を利用し、上海、蘇州で入学することも可能。


金融
  中国銀行、中国農業銀行、中国建設銀行、中国工商銀行、交通銀行、中信実業銀行、浦東発展銀行などがあり、CEDZにも拠点を設立し、外貨と人民幣の業務を扱っている。
  中国人壽、中国人保、太平洋人壽、太平洋財保、平安人壽、平安財保、友邦保険等の保険会社はユーザーにハイレベルのリスク管理解決案を提供可能。