レンタル工場
  常熟経済技術開発区は1992年に設立されてから今までの十四年間に、揚子江のゴールデン水道と地理優勢を十分に利用し、区内の産業業種、公衆補助、物流運輸、環境保護と管理サービス等を整備して、投資者に一番良い投資環境を提供する。

  外国投資者の要求によって、開発区は高い標準に工業工場区を建設している。レンタル工場区の計画敷地面積が66.7万m、予定建設面積が50万mである。馬橋工業坊海城工業坊景順工業坊、輸出加工区レンタル工場区及び預留区等五つの区域に分けられる。平屋、二階建て、三階建ての三種類の工場が建設され、機械、電子、紡績などの産業に適用する。