政府サービス
  開発区管理委員会の下には経済発展局が設置されてある。経済発展局の役割は企業にサービスを提供することである。企業が常熟経済開発区に進出することを決める時から、常熟で生産経営段階まで、例えば、会社設立申請手続き、工事中の手続き、駐在員の衣·食·住、などあらゆる面において、経済発展局は問題解決の相談、協力などのサービスを提供する。

  常熟市政府は市の13関係部門(国土局、建設局、企画局、技術質量監督局、供電局、供水局、消防局、水利局、環境保護局、対外貿易合作局、発展計画委員会、税関、輸出入商品検験検疫局)を開発区に派遣して成りたった外商サービスセンターは一堂に集まって、企業にワンステップサービスを提供する。
外商投資サービスセンター
  対外貿易経済合作局、発展計画委員会、計画局、建設局、国土資源局、環境保護局、消防大隊、技術監督局、税関、入出境検査検疫局、電力公司、水道公司、水利局等の十三の部門の派遣員が駐在して、外資企業に対してプロジェクトの審査批准、建設工事、生産運営にわたる一貫したワンステーションサービスを提供する機構で、企業と政府の架け橋となる。