古城観光区
  常熟は山水融合で、美し景色に映じ、独特の自然景観と人文景観が生まれました。10里の虞山はくねくねして城に入り、万ムーの尚湖は山前に伸び広がり、山水、千年古城と城内の路地や庭園、古典庭園がとけ合って、山、水、城、園を一体になる水郷山地都市の独特な姿が形成する。現在常熟の名所は3つの観光地に分けている:

古城観光区
  常熟は西晋から県になって、1700年余りの歴史を有する。市街区域が虞山に頼り、琴川が城を通り、山、水、城を一体になる特有な江南都市になってくる。城内には宋代の9重方塔及び新たに作った方塔園、元代の言子専祠、明代の翁氏彩衣堂、また歴代に建設された精妙な曾園、趙園、燕園など庭園がある。解放後新しく建てられた博物館、名人館、各類の記念館、美術館なども城内に広く分布している。

  方塔:800年前の宋時代の残り物であり、九重もあるタワーである。タワーの周りの12100㎡範囲には古典園林風格の建物がある。
方塔

曾    园

曾园

古城民居

古城民居